PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黄色い砂

来週末にとある予定があるため、今度の日曜日はお掃除dayに決定。

じゃぁ大したお出かけもできないなぁ。

ということで、4/1(日)は狂犬病予防接種を受けることに決定^^b

…ちゅうことは、前日のシャンプーも必然的に決定かorz




さて、3/24に車検が済んで、お高い支払はカード払い。

口座からドカンと引き落とされるし、春は物入りなのは重々判っちゃいるけれど…

空気清浄機を、買うになってきた^^;

相変わらず、私の花粉症は無症状でちょっとヒドい日に顔がムズムズする程度。

でもそれって、もしかして黄砂も混じってるから?だと思う。
黄砂がヒドいと言われる日だけは、ノドの痛みと鼻水がダラダラで、すごく判りやすい^^;

私はそれくらいの症状で済んでるけど、

旦那を見てると…やっぱりちょっと可哀相かな。

アタシって優しー♪ ← 台無しw

とりあえず、仕事中に 【価格.com】 を見ながら思案中。

ちょっと先になるのは旦那も了承済みなので、買ったら報告しますね♪



さて、↑でもちらり出ましたが、年々“黄砂”の被害範囲と濃度がヒドくなってますね。

ネットで検索したら、恐ろしい事実が次々とヒットします。

過去に散々地下核実験とかして放置した砂漠から流れてくる黄砂。
除染しなければ放射性物質が残るのは周知の事実。
その砂漠から偏西風に乗って、中国工業地帯の上空を通過。
このとき、大気汚染物質を吸着させて日本に到達。
花粉のようなシーズンはなく、程度の差こそあれ通年日本に飛来・汚染。
もちろん、アスベストよりも有害という恐ろしい事実。


※『黄砂 画像』でググると、スゴい画像を目にします。
 飛行機で中国に行く時は近づくにつれ空の色が変わるそうです。
 

中国を含む特亜の人たちは、基本的に「今さえ、自分さえ良ければいい」という思考なので、

国の将来を担う子供たちの健康のために、環境を変えよう!と思わないらしい。
あと、国土が広大なので「ダメになったら移ればいい」という考え。簡単に故郷を捨てれる。

日本の青空も、一昔前に勝ち取ったもの。
中国も色々と規制を強化したり環境の勉強を真剣にやれば…と思うけれど、
そういうのは皆無で、ただただ羨む(妬む?w)のが先に来る始末。


逆に日本のように「国と子供たちの未来のために」という人種は珍しいようです。
ということは、“アジア人”と一括りにされがちだけど、ルーツが違うように感じますね。

ふと読み返して、言葉が足りなかったように感じたので補足します。
次世代の住む未来を憂慮するのは、国の豊かさによるのかもしれん。
国民が貧しければ、自分のことで精いっぱいという国があるのも事実だもんね。
や、決めつけすぎて申し訳ない。(4/1補足)


自国の、人口が密集してる都市部にも流れてるというのに…
あぁでもこれ(放置)に関しちゃ政権与党も似たようなもんか。

中国では日本ほど、人の命は大事ではないのでしょうね。
人が車に轢かれてもほったらかしにできるお国柄だもんね。(救急車を呼んだ人がお金を払う制度のため)

世界の現状全てを学んだわけではないけれど、
私程度がちょちょいとネットで調べるだけで(玉石混交だが)手に入る情報。

政治家や官僚、メディアに腹が立つこともガマンも多いけれど、

日本人で良かった!と、つくづくしみじみと思います。



| ヨノナカ | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。